グローライトを使用する時期と方法

グローライトを使用する時期と方法

この記事では、植物を育てる際の人工ライトを使用する方法について説明します。

本当に必要なのか、そしてどんなライトを使うべきなのか?

ここ数年で一般的になっているピンクの「グローライト」は必要?

成長するときに光が必要なのはなぜですか?

植物は自然の日光を利用して成長するよう進化してきました。屋内で成長するときは、地球の極部に近い場所でない限り、窓際に植物を置くだけで十分です。

どのくらいの日光があれば十分なのでしょうか?私たちの経験では、日照時間が10時間未満の場合、人工照明の使用が必要と考えます。その必要性は植物の種類によって異なり、一部の植物はより日光を必要としますが、一部の植物はあまり必要としません。実際に植物を生き延びさせることだけを考える場合は、人工照明の必要はありません。ただし、この記事では、ハーブ、野菜、サラダ野菜など、実際にエネルギーを必要とする植物を栽培するケースについて説明します。その場合は、UVライトもヒートランプも機能しません。可視光のみです。


では、どのような光が必要なのでしょうか?

赤と青のLEDを組み合わせ、一種のピンク色の光を発する照明を目にしたことがあるかもしれません。 それらは「グローライト」と呼ばれ、植物がすべての波長の光を等しく必要とするわけではないという認識に基づいて設計された照明です。研究によると、植物細胞のクロロフィルは、主に可視光スペクトルの赤と青の波長を利用しています。 葉は緑ですが、緑の光がたくさん使用されている訳ではなく、葉から反射される光が緑色だからです。


植物が主に赤と青の光を使用することは事実ですが、最適に成長するためには、緑や黄色などの他のスペクトルも必要です。


私たちは長年にわたり、トウガラシ、バジルなど、様々な食用植物を栽培してきましたが、その経験上、蛍光灯からの白色光(LEDやCFL)は、特定の波長に限定されない幅広いスペクトルの光を提供し、植物の成長の上では赤と青のグローライトよりも優れています。 白色光が、赤色や青色の「ディスコ」ライトよりもはるかによく見えることに同意する人は多いでしょう。 白熱灯は、光よりも多くの熱を生成するため、避けてください。 室内栽培に関しては、白色光をできるだけ生成できるランプが適しています。

 

 

蛍光灯と電球型蛍光灯(CFL)

この種類のライトは信頼性が高く、安価で簡単に見つけることができます。 LEDほどの耐久性はありませんが比較的長持ちし、スペクトルが似ているため、さまざまなランプを比較するのが容易で、強力なランプを簡単に見つけることができます。「ウォームライト」と「コールドライト」のバリエーションがありますが、植物の成長に大きな違いはなく、どちらでも使用できます。シンプルに、強力なランプを使いましょう。 20ワットの電球型蛍光灯(CFL)が、Botaniumの植物に適しています。 複数のBotaniumを同時に育てる場合は、とても長持ちして役立つ、100ワットのT5蛍光灯を使用することをオススメします。


LEDライト

LEDは屋内ガーデニングを大きく変えてくれました。 従来よりも非常に小さく、長持ちし、蛍光灯よりも効率的です。 また、水銀が含まれていないため、環境にもベター。 「グローランプ」として販売されているLEDランプは、一般的に高価ですが、植物を育てるのにこれらは必要ありません。 15ワットのLEDランプがあれば、Botaniumには十分です。 もし、DIYが得意なら、強力で安価なLEDランプを自作することもできます。 Ledgardener.comの、DIYガイドを参考にしてみてください。


ライトはどのくらいの期間点灯する必要がありますか?

コンセントに接続する簡単なタイマーを使用し、ランプを1日あたり少なくとも12時間オンにしてみてください。 光は距離と共に急速に弱くなるため、触れない程度にできるだけ植物に近づけてください。距離を2倍にすると、植物に届く光は1/4程度しか得られません。


結論

1日あたりの日照時間が10時間未満で、Botaniumで種から育てる場合は、LED、蛍光灯、または電球型蛍光灯(CFL)を使用。 白色光を使用し、1日12時間、植物のなるべく近くに置いてみてください。


コメントを残す

コメントは表示される前に承認される必要があります。