トウガラシの育て方

トウガラシの育て方

トウガラシ

原産地/生産地:熱帯アメリカ

分類:ナス科トウガラシ属

発芽地温:25~30℃

オススメ種まき時期:3月-5月

オススメ収穫時期:6月-10月

 

ボタニアムスタッフは、トウガラシが大好き。寒いスウェーデン本社でも、たくさんの種類のトウガラシを育てています。

シシトウ、ピーマン、パプリカなども、同じトウガラシの一種(ナス科トウガラシ属)で、元々トウガラシを品種改良して辛みを無くしたものです。

 

・種まき

トウガラシ種

(写真は3月5日)

オンラインで購入した、観賞用トウガラシの種12粒。

種をパラパラと蒔き、少し隠れるくらい指でハイドロボールを被せてあげます。

トウガラシ種まき

 

・発芽(1週間〜10日前後)

トウガラシ発芽

(写真は3月14日)

種が芽を出す瞬間は、一気に愛情が芽生えます。

 

・成長

トウガラシ成長1

(写真は3月24日)

トウガラシ成長2

(写真は5月12日)

 

・選別(発芽後1-2ヵ月)

トウガラシ選別

(写真は5月14日)

一番元気そうな苗を残し、他は土壌のポットにお引っ越し。まだ根が複雑に張っていないため、中心に移動しても大丈夫です。

一つに選ばなければいけないこの瞬間は、いつも苦渋の決断です。

トウガラシ選別2

(写真は5月23日)

葉がしっかり茂ってきます。これまでしたことは、3回タンクに水と栄養素を注ぎ足したことだけです。

 

・開花

トウガラシ開花

(写真は6月11日)

紫の綺麗な花が咲き、トウガラシの実が少しずつ形成されてきます。毎日眺めてるだけで、少しずつ変化があり楽しいです。

トウガラシは自家受粉(同じ花のオシベからメシベに花粉をつける)のため、ハチやチョウがいない屋内では、ブラシなどで花粉を広げてあげる必要があります

 

・結実

トウガラシ果実

(写真は7月10日)

開花から約2ヵ月で収穫できます。ハサミで1果ずつ摘み取り、約2ヵ月乾燥させれば美味しいトウガラシの出来上がりです。

 

※トウガラシは高い温度を好み、15℃以下では生育は非常に遅くなります。

 


コメントを残す

コメントは表示される前に承認される必要があります。